ふくしまの"素材"から生まれる
福島県には世界に誇る数々の"素材"があります。
いわき市で有機栽培した在来種の綿花を原料としたオーガニックコットン。会津地方の伝統工芸品で縞柄が特徴の会津木綿。純白な輝きと光沢を持ち「東洋一のシルク」といわれた川俣シルク。ファッションデザイナーたちと共に技術を高め続ける伊達ニットなど。
その素材たちを組み合わせて作られるのがChu-letの製品です。
身に着ける人に"自信"を与えてくれる
ブランド名の「Chu-let」は英語で"お守り"を意味する"amulet"という言葉から誕生しました。ファッションは自分らしさを表現するというだけでなく、物事に迷ったり悩んだりする人生の中で下を向かずに前を向く力を与えてくれる存在でもあります。身に着けたり手元に置くことで、あなたの心をやさしく包み込みそっと応援してくれる"お守り"のようなアイテムになって欲しいと願っています。

INFORMATION お知らせ

NEW ARRIVAL 新着商品

LINE UP ハンドタオル

ハンカチに使用している綿花は、いわき市内で手塩にかけて育てられた貴重な「備中茶綿」で丈夫な糸を作り出すことができます。そんな糸から生まれたふわふわのハンカチ生地に彩りを添えるのは、400年以上の歴史をもつ伝統の「会津木綿」。福島が織りなす魅力をぎゅっと詰め込んだこの1枚から「福島っていいな」を届けます。<Designed by Maki Nagai>
2024年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31